<< 『もも』『ぶどう』剪定作業 | main | 材木の種類回答1 >>
自然災害・備えることへの呼びかけ

携帯のニュースを見ていたら飛び込んできたYAHOO! JAPANの広告垂れ幕(銀座ソニービル)

画像をお借りしました。↓

岩手県大船渡市での津波の最高の高さが広告の赤い部分だそうです。

16.7m。

下に人が小さく映っていますが、人の約10倍の高さです。

内容をすべて書き出すことは控えますが、看板には

【ちょうどこの高さ。想像よりも、ずっと高いと感じたはず。でも、この高さを知っているだけでとれる行動は変わる。】

【被災した人たちの記憶に力をもらい、知恵を蓄えることができる】

と書いてあります。

 

災害が起きてから知恵を出すのでは『本末転倒』と言わざるを得ないですが…

想像をはるかに超える自然災害は確実に起きています

( ´ー`)。о(3年前の山梨全域の雪害もそうでした。)

 

最後に

【あの日を忘れない。それが一番の防災】

と締めくくっています。

 

経験を知識として蓄えて行くという事は、ボランティア元年の阪神大震災から現在に至るまで

弊社(日本ステンレス工業)がずっとやってきたことであり、言い続けてきたことです。

そして、それを形にしたのが㈳災害復旧派遣協会の設立です。

全国レベルでこの取り組みが広がればこんなに心強いことはないです!

災害日本に住んでいるのですから。

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

| ボランティア | 16:10 | - | - | pookmark |