<< 明日はバレンタイン | main | テンションあげて!! >>
瓦降ろし

本日は瓦降ろしの模様をH・M店長が取材をしてくださいましたのでそちらをお送りします!

 

牧丘町の F邸

【H・M店長記】

13日晴天の中、牧丘町のF邸の瓦降ろしに行ってきました。
約80坪の大きな屋根ですので20名での作業になりました。
普段は営業なんですがお手伝いで瓦降ろしに参加です。
まずは上屋から作業に入りました。瓦が有るうちは足元もあまり滑ることもなく
まだ余裕がありましたが瓦を降ろし、瓦桟を外し、杉皮を取る作業と進むにつれ
浮いた砂によって足元が滑り非常に怖かった!たまらず上屋から下屋に移り手摺の解体に
入りました。木で出来た年期の入った手摺でしたがアルミの手摺に変えたら素敵かもですね!
それにしても「職人の足には吸盤でも付いてるの?」と聞いたくらい普通に歩いてるのは流石です!
朝から作業して夕方5時頃までかけて瓦降ろし&手摺解体からルーフィングまで作業を終えて
本日は終了です。今は筋肉痛で大変です。

 

H・M店長ありがとうございました!

写真を見ると下屋根の勾配がすごいですね…

下屋根の瓦を降ろした写真ですが、私「うわっ下地が腐ってたんですか?」

と思わず声にしてしまいました。するとI現場監督が

「昔は下地板の上に防水のために杉皮(杉の木の皮)をひいていたんだよ、今はルーフィング引いているけどね」

と教えてくださいました。

昔の知恵はすごいですね〜

でも、やはりどんなものにも限界ってものはあります(;^_^A

 

お住まいの限界を感じたら弊社にお任せください!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

| 一言 | 16:01 | - | - | pookmark |